2018年我が国における高等教育機関では創始となる「大正大学(前身・宗教大学)社会事業研究室」が1917(大正6)年2月に開設されてより100周年を記念する節目を迎えます。この一世紀の間、研究室で学んだ社会福祉実践者(ソーシャルワーカー)は、今もなお、多様な実践現場で先駆的な取り組みを全国各地で展開しています。そうした実績のある伝統を次世代に伝えつつ、開設当初からの福祉理念を継承していくために、これまでの取り組みと記録を整理し、また後世に伝えていくために以下の100周年の記念事業を行います。


【事業内容】

1.取り組みと記録を整理
 
 @研究・教育者及び卒業生等の証言の収集
 A社会福祉学教育を振り返るための大会(39回・40回・41回)・シンポジウム(42回大会)の開催

2.記念誌の作成
 
 上記事業の内容を踏まえ、100年史を中心に創設当初の史資料をはじめ、この100年間で関与された研究・教育者及び卒業生等への証言も含め、それらを収集して後世に伝えるものとする。

3.記念大会
 
 2018年(平成30年)2月24日開催

4.記念事業開設のための募金
 
このページの先頭へ
 

〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
Copyright(C) 2007 大正大学社会福祉学研究室. All Rights Reserved.